トップページ > 残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

金買取り

金買取り
フレーム上

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

業者が家を訪れ、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、いわゆる「訪問購入」による被害が多くなっていると聞きます。



最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、売却を渋る場合には、強引に買取を強行してくることもあるのです。


後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者はもちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。

こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。



金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今では全然身に付けていないという金製品を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。
貴金属を持て余している方は、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。



金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。



純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額で手放すことができるでしょう。最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が原則としてあります。
よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるというのが原則です。


僅かながら、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。



この場合でも、18歳を超えていたとしても、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。もちろん、両者は別物です。プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。
アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドです。

ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。

金を買取に出そうと考えたとき、第一に思いつく選択肢は、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。
そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人も多くいるのではないでしょうか。
そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。
デパートならば信用もあるということで、街の買取ショップより人気の場合もあります。



日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今日に至るまでで、やや遅めのペースながら、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。


最近ではさらに、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。
リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、市場での金の価格が上がる切っ掛けであると言えるでしょう。
金の相場が上がっている近頃は、金やプラチナの高価買取の宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。
パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、「金 買取」などのワードで検索をかけると、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。



元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。
もちろん、買取業者の方では、取引の量が個人とは違いますから、利益分を届け出て結構高い税金を課せられているでしょう。


ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるのもいいでしょう。
銀行預金や投資信託などと併せて、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。


ここで注意しなければならないのは、実際にその金をどこで購入するかです。



初めて金を買うときには、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも本物だという信頼があるので大丈夫です。買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。

金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。
しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、容易に真贋を判別できるのです。

フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 金買取り All Rights Reserved.

ページの先頭へ