トップページ > 最近メジャーになっているのが、ネ

金買取り

金買取り
フレーム上

最近メジャーになっているのが、ネ

最近メジャーになっているのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。



その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。
査定結果をメールなどで確認したら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。



営業時間の制約がある店頭買取と違い、メールやフォーム送信でいつでも申込できるため、お店に行く時間がないという方から好評を得ています。

普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金を専門店に売却しても税金はかかりません。
買取店であれば、動いているお金が個人とは段違いですので、事業所得として金額を申告し、結構高い税金を課せられているでしょう。

その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。
ですから気にする必要はないのですが、法律の変更などもありますから、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくのもいいでしょう。初めて金買取を利用する際のスタートラインは、無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。価格の多寡もさることながら、手続の簡便さも重要なポイントです。郵送なら振込の早さも大事です。

そして最も基本の部分としては、その店に信用と実績があるかどうかです。信用できる情報源は口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。

目についた中で最も口コミの良いお店を優先して利用するのがいいでしょう。最近数が増えてきた金買取ですが、その中には詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。

訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。

呼んでもいないのに自宅を訪れ、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、納得できない安価で買い叩かれてしまったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。詐欺や強迫のペースに嵌ってからでは遅いので、怪しい人間が訪ねてきたら、きっぱりと拒絶してください。

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、第一に思いつく選択肢は、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。
しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が少なくないと思われます。
そんな人もご安心下さい。
デパートで買取を実施する場合があるのです。催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。デパートならば信用もあるということで、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。金を購入する際には、もちろん消費税も課されるのですが、買った金を買取店に持って行って売ると、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。



ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするのです。
今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却するという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。


金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、これはあくまで純金の価格ですから、純度によって額は下がります。例えば18金なら、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。
なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上となると、その重さは大体570グラムといったところでしょうか。
18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、これはもはや金の純度が半分以下。
価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。金とプラチナはどちらが値段が高いのかを即答できる人は少ないかもしれません。基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。理由としては、市場規模の小ささに加え、金と比べても圧倒的に少ない産出量を無視できないでしょう。
これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、あまりの希少性の高さが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。
リーマンショック以降、金の買取サービスを利用する人は増えており、その需要に応じて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。中には全国に展開しているようなところもあります。



買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。
利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。もう要らなくなった貴金属があれば、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。
ただし、同じ量の金でも店によって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ネットで事前に情報を調べて条件の良いお店を選択するといいでしょう。

たくさんの商品を売る場合は特に、買取額にも大きな差が出てきますので、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。

フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 金買取り All Rights Reserved.

ページの先頭へ